FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロサンプションって何だ? 

プロサンプション

 今日はジャパンプライバシーセンターの祖父江社長のお話を聞きました。講演テーマから外れるけど、プロサンプションの話がおもしろかったので自分なりの解釈をまとめてみますね。
 「プロサンプション」はアルビン・トフラーが「第三の波(中央公論新社・1982年)」で発表した造語で、生産(プロダクション)と消費(コンサプション)を合わせたもの。早い話が提供側とお客様が成果を共有するということで、モノからコトへ、コトからユメへの最終目標と言えるのではないかしら。
 価値基準を軸にした場合に、まずはモノが価値基準の中心にあった。外で食事ができれば、それだけで満足の時代ですね。お店としては、単純に食べ物を提供していればよかったわけです。
 次に来るのがブランド志向で、アメリカのチェーン理論が導入されたあたりから、贔屓の店舗プランドが生まれたりした。贅沢が素敵なんて言われた時代には、他店にはない要素でお客様の愛着を獲得しようと新業態のブランド化が模索されました。
 そして今は満足が価値基準の中心となり、お客様の真の満足は何かを追求する必要性が生じている。祖父江社長は、日本がまだモノを売る資本主義だから、口をつけたステーキで焼き加減が違うと言って取替えを求めても応じてもらえないが、アメリカは満足を売る資本主義の国なので、「アイムサティスファイリン(満足していない)」と言えば、例え半分食べていようとも変えてくれるという例を出していました(汗
 そして今後は満足を超えて、お客様が積極的に参画してくる状態が好ましいのであって、価値ビジネスの牽引者としてプロサンプションが模索されるということでした。
 たしかにこれからシステムやサービスを設計する場合には、お客様を積極的に巻き込める仕組みを工夫する必要がありそうですね。これはメニュー開発におけるモニター調査のようなものではなく、実際の店舗利用において付加価値をもたらす活動にお客様が自発的に参加できるようにするものだと思います。
 うーん、説明が難しいな。パソコンゲームのセカンドライフは、環境を用意しただけで価値の創造は99%ユーザーが行なっている。それと同じで、店の用意した基本フォーマットの上にお客様が価値を積み上げて、どんどん面白くしていくという感じでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minfan.blog70.fc2.com/tb.php/175-0c23ca53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。