FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本で最初の幸民麦酒 

 スーパーマーケット・トレードショー20111に行ってきました。お仕事はお仕事として、個人的な楽しみは試飲ビールです。
 地ビールは地域物産の中や企業展示の中にありますが、あまり目立たなかったな。厚木ビールさんは今年もがんばっていました。
 毎年の常連さんは三井食品さんと小西酒造さんですね。三井食品さんではアンカーブルーイングがメインです。例年通りスチームビアとリバティーエールを試飲しましたが、多少、リバティーエールの苦味が強くなった印象でした。ここ数年タヒチのヒナノビールに売り込み熱心な感じの三井食品さんですが、その横で新たにハワイのラガーを紹介していました。「PRIMO」というブランドで、10年前に製造が中止になっていたものの復刻版のようです。かなりスッキリした飲み口でした。
 小西酒造さんは何といってもベルギービールで、デュベルとオルヴァルは定番中の定番、マレッツやウェストマールもメジャーだなと思ってパームのローデンバッハ・クラシックを所望していたら、横からひょいと出てきたのがウェテット・エクストラホワイト。ヒューガルデン・ホワイトを軽くあっさり仕上げたって印象です。グリーンボトルがかわいいビールですが、なんでもデュペル・モルガットと小西酒造の共同開発とのこと。小西さんもやるもんだ。
 で、今回のいち押しは小西さんが復刻した日本で最初のビール。去年のビア・コンベティションに出ていたやつですね。中身は清酒酵母を使ったペールエールという感じで飲みやすいけど、それほど印象深いものではない。
ただ、157年前に蘭学者「川本幸民」が日本橋茅場町の自宅にカマドを造って醸造した日本で最初のビールを、当時のレシピで復刻させたところに価値があります。なんでも川本幸民が残した「化学新書」から、当時の原材料や仕込み道具は判明したとのこと。これはすごいと思いました。
幸民麦酒
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

いつもブログを見るのを楽しみにしています☆これからも楽しく読ませて頂きますね(*^_^*)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minfan.blog70.fc2.com/tb.php/261-360ff4d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。