FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コホートとスプリットテスト(リーン・スタートアップから) 

(エリック・リース著日経BP社刊「リーン・スタートアップ」より本文引用P187)
グロキットは成功を測る尺度をふたつの面で変えた。評価尺度を相対的な数値からコホート型に変えるとともに、事実を因果関係から探すのではなく、新機能の投入をスプリットテストとして利用することにしたのだ。

 ※グロキットは、ビジネススクールを目指して勉強する人に学習システムを提供するオンライン教材会社
 ※コホート型は、共通の因子を持った個人の集合体を観察対象にしたということ
 ※スプリットテストは、異なるバージョンの製品を同時並行で顧客に提供して市場の反応を探る実験

提供サービスの開発で良かれと改善された機能の多くが、実はお客様に何の影響もおよぼさないという悲しい現実は多いと思います。こんなときは評価尺度を変えてみることで事業の見え方が大きく変わったり、スプリットテストの実施でお客様の望むことと望まないことが理解できたりするものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minfan.blog70.fc2.com/tb.php/284-563d5042

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。