FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨大パッチ死のスパイラル(リーン・スタートアップから) 

(エリック・リース著日経BP社刊「リーン・スタートアップ」より本文引用P259~261)
生産性や前進を従来の尺度で測ることに慣れたマネージャーは専門に特化したほうが効率が高いと信じており、バッチサイズの縮小に抵抗を示しがちだ。(中略)仕事をすればするほど、やらなければならないことが増える。出荷不能に陥った我々は危機的状況となり、経営陣は交代となった。これがバッチサイズ巨大化の罠である。

 大きいバッチサイズの呪縛はあまりにも大きい。やり方を変えなければいけないのに昔の成功体験に固執する人が多いが、それはバッチサイズがいたるところで誤解されているためのような気がする。
 仕事を大きく括ると確かに効率的に見えるが、小分けしてバッチサイズを小さくした方が作業負荷が小さくなり、適切なものが必要なときに必要な場所にあるようになる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minfan.blog70.fc2.com/tb.php/287-08394ad4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。