FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訳書「カオス・シナリオ」がおもしろい 

マーケティングのスゴイ本を見つけた。
 邦訳書名は「カオス・シナリオ」、著者はアドバタイジング・エイジ誌の名物コラムニストであるボブ・ガーフィールド氏。
 本書では、旧メディアの崩壊と広告業界の様変わりについて淡々と解説し、ソーシャルメディアの台頭とそれに伴う新しいビジネスチャンスについて詳細に述べている。
 広報という仕事柄、わたしは広告代理店とのつきあいがあるのだが、去年から今年にかけて話題にしてきたことが、そっくり入っており非常にリアリティ。現場の緊迫感が伝わってくるような絶妙な筆はこびもあって、グイグイ引きこまれた。
 TwitterやFacebookのセミナーで受講者の多くが広告関係者であったことを考えても、ビジネス環境の捉え方が的確である証になると思う。広告関係者でなくても、これからのビジネス・トレンドを知る上でもおもしろいが、これから儲かるビジネスモデルを考えようという人には指南書になりそうだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minfan.blog70.fc2.com/tb.php/289-53cba357

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。