FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ生産方式(リーン・スタートアップから) 

(エリック・リース著日経BP社刊「リーン・スタートアップ」より本文引用P268~269)
トヨタ生産方式は世界でもっとも進んだマネジメント手法だと思われるが、トヨタのすごいところは、史上最高レベルの学ぶ組織を作り上げた点だ。社員の創造性を活用し、成長を続けるとともに画期的な新製品を100年近くにわたって次々に生み出してきた。

 サービスアップの話を外人とすると「そんなこと言ったって、お前の国には有名なトヨタ生産方式があるじゃないか」と言われる。確かに日本全体が成長に酔っていた時代に、アメリカ産業界は「トヨタ生産方式」に着目して巻き返してきた。
 我々日本人はトヨタ生産方式を誇りに思っているが、その実は知識にすぎないのではないだろうか。国力をあげるために、アメリカのICT業界(特にソフト業界)が絶賛する理由を、もう少し掘り下げてみたい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minfan.blog70.fc2.com/tb.php/290-a879ca82

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。