FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己紹介 

 watsanです。社会に出てからずっと組織コンサルタントに所属する経営コンサルタントで、現在は営業企画担当としてマーケティングに携わっています。
 私が新卒で入社したあたりは、日本経済も“イケイケどんどん”の時代で、ライフスタイル誌に「贅沢は素敵だ!」なんて特集が組まれていたのを覚えています。

 もともと好奇心が強かったので、その時代その時代の新興ビジネスを、コンサルタントとしてサポートしてきました。根が「くいしんぼ」なので、食に関係するビジネス中心に仕事を選んでいました。米不足が社会問題だったときはブランド米の売り込みをコンサルティングして広告代理店のまねごともしました。それが縁で、後になってお米屋さんやおにぎり屋さんの業態開発を仕掛けたりもしています。

 規制緩和で地ビールが解禁になると「ブームの仕掛け人」なんて言われたこともありました。このブログもスタートは、大好きになったビールに関して、せっかく集めたうんちくを埋もれさせるのがもったいなかったための開設でした。ビールサイトから仕事サイトにリニューアルしたあたりから方針が定まらず迷走していますが(汗

 ビールビジネスはレストランとの縁が深いので、飲食バブルの時代を中心にレストラン開発のプロデュースをしたりミステリーショッパーの初期に仕組みを作ったりしましたし、東京がホテル戦争と言われたあたりからは、ホテル関係の、これはホテル業界の大長老に知己を得て、ホテル総支配人の教育プログラムづくりに参画したりもしています。

 長々と自己紹介して申し訳ありません。なぜ、こんな個人の話から入ったかと言うと、私の問題意識を語る前に、そのバックボーンを知っていただきたかったからです。
 
 ホテル業界での総支配人教育に夢中になっていた頃、国は経産省を中心に「サービス産業の生産性向上」プログラムに着手しました。日本国経済が強くなるためには、「就労人数の多いサービス業をもっと元気にしなければならない」という考え方は正しいのですが、名だたる民族系の大手コンサルファームが入れ代わり立ち代わり研究しながら、はかばかしい結果が出ていません。

 それは大前提を勘違いしているから。「これまでの常識が、これからの非常識であること」に気がついていないからだと思うのです。私には、日本のサービス業を強くするためのアイデアがあります。

 実際に自分の、クライアント先での仕事体験の中で悩み気がついたことなので、まずは間違いないと思っているのですが、きちんと体系化されたものではないので、ブログにすることで整理していきたいと思います。
 よろしければ、お付き合いください。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minfan.blog70.fc2.com/tb.php/304-c8cb756b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。