FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惣菜コンサルティングの提案書 

 スーパーマーケット研究室からのSOS。

食品スーパー向けの業績改善コンサルティングは、方向として正しいと思う。
3~4年前に比べると惣菜部門もパワーダウンしてきているが、他が悪すぎるから業績アップの牽引車になるはず。日本人のライフスタイルから考えても、惣菜強化は食品スーパーにとって必然だと思う。

 しかし、3ヵ年にわたる壮大なコンサルティング・プログラムは、油断すればとんでもないボリュームになってしまう。実際持ち込まれたコンサルティング提案は40ページ近い壮大なもの。背景説明から丁寧につくってはいるが、詳細説明すればいいというのは“作り手”発想。
 
 取り組みテーマとして
  1)商品計画、2)売場づくり 3)オペレーション 4)人材育成 5)具体的な商品開発

の5つを掲げたのはよいが、中項目がそれぞれ7~9個あるから、細かすぎて見る気になれない。
ファスト・アプローチで詳細説明する必要はないはずであり、もっとザクッと説明すべきとアドバイス。
 担当コンサルに提案書をつくらせると、想いが強すぎてクライアント企業が見えなくなっていることがある。
それから、スケジュールに線表を使うとごちゃごちゃしがちだから要注意。思い切ってステップにくくって図解した方が分かりやすい。

 顧客視点に立った見やすい提案書づくりは、どんな業界、どんな会社でも重要だよね。

スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minfan.blog70.fc2.com/tb.php/308-02d1d67c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。